teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お礼

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2017年 9月 4日(月)18時15分26秒
  ごーしーさん、お忙しいところ有難うございました。
現状、長坂先生の情報はごーしーさんしか頼るところがありませんので
お許し下さい……(^_^;)
 
 

棟居最新作9月放送予定

 投稿者:ごーしー  投稿日:2017年 9月 3日(日)19時15分56秒
  >ズバット達也さん
返信が大変遅くなりすみません。

現在発売中の各テレビ雑誌によりますと、9/28に「棟居刑事」の新作が放送されるようです。前作は坂田義和さんの脚本でしたが、今作は長坂さんのようです。
あとは、(比較的)最近の情報としては、長坂さんの故郷である愛知県豊川市の広報の7月号にインタビューが掲載されてます。
以下のサイトでバックナンバーが閲覧可能です。
http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisei/koho/kohotoyokawabacknumber/29nen/201707.html


ちなみに、最近尋常ではない事態に見舞われ時間的余裕がまったくありませんでした、すみません。
まさか、自宅(賃貸)の天井から水漏れ、それが影響で引っ越しを余儀なくされようとは。
ただいま引っ越し真っ最中(旧居、新居ともに荷物がある状態)で、まだしばらくは落ち着かない日々が続きそう。
ようやく、やっとネットは使えるようになった次第であります。
「棟居」放送までには落ち着いて、ゆっくりと鑑賞したいものです。
 

情報求む

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2017年 8月22日(火)09時56分30秒
  ごーしーさん、長坂先生の新情報、書ける範囲で何かないですか?  

そして、誰も居なくなる

 投稿者:ごーしー  投稿日:2017年 1月31日(火)21時51分45秒
  『透明少女エア』から19年!

テレビ朝日の公式サイト( http://www.tv-asahi.co.jp/soshitedaremo/ )にて、「これまで日本でたくさんのオマージュ作品が作られてきたものの、」なんて書かれておりますが、『快傑ズバット』第28話「そして、誰も居なくなる」からちょうど40年ですか。

それにしても、ラジオドラマを除くと海外作品の原作って珍しいですね。『ジキルとハイド』『スターウルフ』とか……。ともに、かなり原作を変えてますが、今回もかなり原作を変更しているのか。気になるところです。
 

長坂先生新作!

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2017年 1月31日(火)14時53分10秒
  仲間由紀恵さんといえば『透明少女エア』…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01772308-nksports-ent

 

ありがとうございます

 投稿者:ナベ  投稿日:2015年10月14日(水)11時31分3秒
  管理人さん、bikkiさん、ありがとうございます!難しい質問ですいません(>_<)
ちょうどいいタイミングで、東映チャンネルの「特捜最前線セレクション」が始まったので、これで一通り見てみます。お二方の紹介してくださった話が放送されるよう祈ります。
 

元長坂の弟子より

 投稿者:bikki  投稿日:2015年10月 5日(月)19時06分1秒
編集済
  おひさしぶりです。元長坂の弟子です。

外せない話。

『誘拐・貯水槽の恐怖』『誘拐Ⅱ、果てしなき追跡』
『一億円と消えた父』『爆破60分前の女』『殺人トリックの女』
『女医が挑んだ殺人ミステリー』『特命ヘリ緊急発進!』
最終3部作『十字架シリーズ』
『新春窓際警視の子守唄』『新春Ⅱ窓際警視の大逆転』
叶登場編の『警視庁番外刑事!』基本設定編として。

まあ、後期、長坂秀佳シリーズはどれをみても楽しめるでしょ。
とにかくお勧め。

ただ、特捜最前線の最高傑作は、阿井文瓶氏の最終回直前の
『地上げ屋殺し!』だと思います。あれは、全刑事ドラマでも5本の指に入る傑作です。
 

難問

 投稿者:ごーしー  投稿日:2015年10月 5日(月)01時40分36秒
  >ナベさん
はじめまして。一応ここの管理人をしておりますが、ほとんど管理できておらず……すみません(大汗)

>DVDで見られる長坂先生の回でこれは見ておくべきって回
ものすごく難しい質問ですね(笑)
ところで、DVDって第何巻までレンタルされてるのでしょうかねぇ? 近所ではVol.12(=DVD-BOXのVol.3まで)までしか見かけませんが。
購入は少々敷居が高いと思いますので、とりあえずレンタルで確実に手に入るVol.12までからチョイスしてみますと……このラインナップならハズレなしですね。さすがに人気投票で上位に選ばれた作品なだけはあるかと思います。
個人的には第146話「殉職1・津上刑事よ永遠に!」第147話「殉職2・帰らざる笑顔!」第351話「津上刑事の遺言!」の3作は特に外せない大傑作とは思いますが、もし津上のキャラをあまり把握してない状況でいきなり殉職話を見るのはどうなのかという問題もあり……。
あと、人気が高いのは第118話「子供の消えた十字路」でしょうか。昔、このホームページで人気投票をした際は堂々のトップでした。次に、同票で80話「新宿ナイト・イン・フィバー!」85話「死刑執行0秒前!」317話「掌紋300202!」が続いてましたね。
でも、第54話「ナーンチャッテおじさんがいた!」とか第172話「乙種蹄状指紋の謎!」も外したくないし……結局全部ということになってしまう(汗) やはり、厳選は難しいです。誰か助けて(笑?)
 

特捜最前線

 投稿者:ナベ  投稿日:2015年 9月29日(火)03時59分14秒
  はじめまして。特捜最前線を見たいと思っているのですが話数が多く、またDVDで見られる話も限られてるのでどこから手を着けたらいいのかわかりません><
DVDで見られる長坂先生の回でこれは見ておくべきって回教えてください。
 

『トキ この地球(ほし)の未来を見つめて』

 投稿者:ごーしー  投稿日:2015年 5月12日(火)00時42分25秒
  非常に久々な書き込みになります。
新作以外の長坂さんの作品が発見されましたので報告いたします。
放送は10年以上前。10年以上も気づかずにいたのが悔しくもあり……。
どうも、テレビ新潟でのローカル放送だったようです。


『トキ この地球(ほし)の未来を見つめて』

アニメーション
放送日:前編=2003年12月20日・後編=27日・特別編=2004年1月17日
キー局:テレビ新潟
制作:虫プロダクション
脚本:長坂秀佳
監督:杉井ギサブロー
 

ブラジャー爆弾が見たい!

 投稿者:KAZ  投稿日:2015年 3月19日(木)22時52分28秒
編集済
  長坂先生、管理人さま、皆さま

初めて書き込ませて頂きます。
川崎在住のKAZと名乗らせてください。

先週の棟据刑事、2時間ドラマのはずが、
3時間くらい見たように錯覚しました。
相変わらず先生は、衰え知らずですね。

それで先生に伺いたいのですが、
キカイダーがRebootすることは無いのでしょうか?

「貴様が知らぬことなど、宇宙三つ分もある」

と、先生に忠告したハカイダーの言葉が気になって、
夜も眠れません。

http://w01.tp1.jp/~a150584035/ackn/

 

棟据シリーズ最新作

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2015年 2月25日(水)23時30分22秒
  3月放送ですね。  

五社監督の

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2014年12月 4日(木)16時10分55秒
  特集本に長坂先生のインタビューが載ってましたね
ジキルとハイド絡みの話でした。色々と面白かったです
 

野呂盆六刑事

 投稿者:明智 潔  投稿日:2014年11月 1日(土)13時02分30秒
  僕は特捜の次に大好きなんですが、小説に登場して欲しいと思っています。
盆六刑事を小説で読みたい!
 

ふしぎ犬トントン

 投稿者:ぽぷら  投稿日:2014年 9月25日(木)22時06分12秒
  「ふしぎ犬トントン」のDVDが明日発売との情報がありました。
2009年のホームドラマチャンネル再放送のときは、おかげさまで見ることができましたが、
せっかくなのでDVDでもう一度見てみようと思っています。
 

その後…

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2014年 6月28日(土)16時09分0秒
  盆六も嬉しい情報ですが、それよりも術に書いてあった“ある新しい方向”、
“マンガ原作”、“ある方面”、“小説”がどうなってるのか知りたいです…
 

野呂盆六新作

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2014年 6月24日(火)23時10分59秒
  7月に新作放送!  

西村京太郎サスペンスDVDコレクション

 投稿者:明智 潔  投稿日:2014年 2月25日(火)13時08分14秒
  本屋さんにて発売中なのを御存知でしょうか?
長坂先生の作品も発売中です。
四国連絡特急殺人事件
丹後殺人迷路
南伊豆高原殺人事件
以下続刊です。
 

「棟居刑事の『夜の虹』…ホテル王は二度死ぬ!?」

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2014年 1月24日(金)23時47分3秒
  2月8日放送予定とのこと。  

特捜最前線2013

 投稿者:明智 潔  投稿日:2013年11月 4日(月)13時54分41秒
  製作者サイドが勝手に長坂先生のホンをいじって、内容を変えた為に、それが原因で
筆を折られたというのは本当ですか?
 

野呂盆六新作

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2013年 7月25日(木)19時47分39秒
  8月に放送されるようですね。
前作から半年経たずですが、ファンとしてはうれしい限り。

http://www.toeiv.jp/tokuso-pg2012/

 

特捜最前線2013

 投稿者:通りすがり  投稿日:2013年 7月17日(水)13時34分58秒
  特捜最前線2013~七頭の警察犬 今週秋放送決定です
http://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20130717_020.html

http://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20130717_020.html

 

棟居刑事シリーズ最新作

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2012年10月27日(土)01時05分3秒
  2012/11/24
棟居刑事の死海の伏流
脚本・長坂秀佳
監督・村川透

http://www.toeiv.jp/tokuso-pg2012/

 

特捜2012

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2012年10月 3日(水)21時53分44秒
  公式HPで発表された時は正直、う~んな印象でした(^_^;)
ですが実際に放送された作品を見てみると、予想よりもずっと良い出来で楽しめました。
予算面など多くの制約がある中で頑張ってくれたスタッフには、感謝したいです。

一番嬉しかったのは作品の空気感を再現してくれたこと。
過去の有名刑事ドラマのリメイクでは、当時の空気感が感じられず落胆するケースが
ほとんどでしたので。
けれども今回の特捜にはその空気感がありました。匂いとでも言うのかな?

長坂先生本人が執筆してくれたことがその大きな理由かも知れませんね(^-^)
 

特捜最前線2012

 投稿者:n.k  投稿日:2012年 7月21日(土)16時20分32秒
  期待はしていなかったですけど、想像以上に微妙……
桜井、船村くらいは出そうよ!(つд⊂)
旧作へのリスペクトを全然感じないのだが(´;ω;`)
キャスト、演出がアレだとしても往年の長坂マジックで、
ファンをあっと言わせるものをまたみせて欲しいものです……
それ以前に東映チャンネル入ってないから観れないや゚(゚´Д`゚)゚
 

長坂秀佳×田崎竜太

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2012年 7月20日(金)23時39分1秒
  まさかこの二人の組み合わせがあるなんて!

http://www.toeiv.jp/tokuso-pg2012/

 

月曜ゴールデン

 投稿者:kamesan  投稿日:2011年12月17日(土)16時34分38秒
  【2012.1.9】 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路  

第三の女

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年11月19日(土)09時06分15秒
  12/2に放送決定のようです。
制作はテレパック。
 

土曜ワイド劇場

 投稿者:kamesan  投稿日:2011年 8月21日(日)20時37分55秒
  9月17日
「天才刑事・野呂盆六(6)」
~哀しみ館の惨劇!殺しを見られた令嬢に迫る姿なき脅迫者!青のトラウマの恐怖!千羽鶴に隠された美人母子の秘密~
 

第三の男、が……。

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年 8月10日(水)20時50分4秒
  月刊テレビ雑誌では予定に載っていたのに、今週のテレビ雑誌では
別番組の予定に変わっていました。
 

第三の女

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年 7月23日(土)22時57分45秒
  来週土ワイですが、その後に……。

8/19 フジテレビ 金曜プレステージ「第三の女」

原作 夏樹静子
脚本 長坂秀佳
演出 松本健
主演 村上弘明

何が驚いたって、長坂さん、フジテレビでの仕事は18年ぶりであるということです。
 

田中秀夫監督死去

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年 7月11日(月)23時22分35秒
  悔やんでも悔やみきれません。

長坂さんとのコンビでの名作は数知れず。「特捜最前線」「ズバット」での特に田中演出には痺れました。「特捜」では天野利彦監督に次ぎ、もっとも好きな監督でした。

長坂さんとの作品以外でも「宇宙刑事」「スケバン刑事」など、代表作も多彩。それらすべてビデオを持ってますが、カット割りの見事さ、スピーディな演出にはいつも魅了されっぱなしでした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011071100682

 

棟居刑事シリーズ

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年 6月25日(土)23時12分28秒
  7/30 新作放送予定。脚本はもちろん長坂さんです。  

サスペンス明日の13章

 投稿者:まいける  投稿日:2011年 4月27日(水)17時35分30秒
  よかったです。本放送を途中から見て
再放送を録画したのですが、第1話を見逃してしまいました。
その後、サスペンス・魔の再放送が始まったのですが
打ち切りなのか、途中で終了してしまいました。
フジテレビにはぜひ、オンライン配信をしてもらいたいです。
 

感謝

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2011年 4月 5日(火)17時27分37秒
  蒲生邸さん、情報有難うございます! 本屋へ急行しました(笑

感想色々。
乱歩賞の授賞パーティーに石森先生来てくれてたんですね……。

長坂版、人造人間ハカイダー見たかったな~。

全50話の快傑ズバット、見たかったな~。

長坂先生完全メインの仮面ライダーX見たかったな~。

長坂先生、お元気そうでなによりです。
 

『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とライダー40年の歩み40YEARS CHRONICLE

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2011年 4月 2日(土)16時29分7秒
  ご無沙汰してます。
現在発売中のこの本に長坂さんのインタビューが掲載されています。

仮面ライダー生誕40周年記念映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」。そのスタッフ・キャストインタビューやストーリー紹介はもちろん、『仮面ライダー』第1作から最新作『オーズ』まで、全作品の解説も満載。40年分の愛と正義と涙が詰まった、144ページの永久保存版です!
★主な内容はこちら↓
【メインキャストインタビュー】
●火野映司/仮面ライダーオーズ=渡部秀
「オーズがオールライダーの先頭に立ってる姿に、本当に泣きそうになっちゃいました」
●野上幸太郎/仮面ライダーNEW電王=桜田通
「40年間続いてる作品の歴史を、汚すわけにはいかないです」
●アンク/泉信吾=三浦涼介
「好き勝手やって、歴史をムチャクチャにしちゃいました(笑)」

☆その他、高田里穂、今井悠貴&吉川史樹、石丸謙二郎のインタビューも必読。もちろん、写真は全て撮り下ろし!
---
【声優インタビュー】
●モモタロスの声=関俊彦
「お忘れかもしれませんが、モモタロスは二枚目キャラです!」
●テディの声=小野大輔
「ちょっとぞんざいに扱われるという、テディのキャラが発揮されて......」
---
【新星アクター対談】
仮面ライダー1号=藤井祐伍&仮面ライダー2号=高田将司
☆ジャパンアクションエンタープライズの注目株である2人の爆笑対談!
---
【メインスタッフインタビュー】
●監督=金田治
「大好きだから、お話をいただいたら、なんとか少しでも良いものを創ろうと努力するわけです」
●脚本=米村正二
「仮面ライダーの魂って何なんだろう、と考えた結果、"正義"という極めてシンプルな答えに行き着きました」
●アクション監督=宮崎剛
「たくさんのライダーが出てきますが、今回は1号と2号がもう一方の主役だと思って作ってます」
☆3人合わせて総計約15000文字! 読めば映画がより深く楽しめます。
---
【スペシャルインタビュー】
上原正三/長坂秀佳/江連卓/いのくままさお
☆40年の歴史を支えたスタッフの方々が初めて語る秘話の数々。

インタビューを読むと長坂さんの今も衰えぬ創作意欲が伺えて興味深いです。
あと長坂さん、映画『人造人間ハカイダー』のオファーを吉川進Pから受けてたんですね……。

ただ敢えて難を言うと、この本のコンセプトからは『上原正三/長坂秀佳/江連卓』
3氏のインタビューというのはやや乖離しているかな? というのも正直感じました
(3氏ともライダーと関わりのあるライターであることは無論承知した上での発言ですが)。

あと余談ですがこの映画、メガホンは長石多可男監督に撮ってほしかったなぁ……
ホントに余談ですね。

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E9%9B%BB%E7%8E%8B%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC-%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B4%E3%83%BC%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%8

 

「大地の詩‐留岡幸助物語‐」 先行有料試写会レポート

 投稿者:ごーしー  投稿日:2011年 2月21日(月)06時09分32秒
  2月18日、「大地の詩‐留岡幸助物語‐」の先行有料試写会が、4月のロードショーに先駆け、開催されました。
もちろん行ってきましたので(笑)、舞台挨拶の内容を簡単に記しておきます。(本文内、敬称略)


・舞台挨拶は以下の8名
村上弘明、工藤夕貴、市川笑也、小倉一郎、佐藤正宏(WAHAHA本舗)、和泉ちぬ、磯村みどり、山田火砂子監督(挨拶順)

・関係者の孫たちによる花束贈呈

・マスコミ撮影

・テーマ曲『大地の詩』披露(歌:朱花)

(ちなみに、司会の方(須貝真己子(須貝まい子))も、出演者とのこと)


以上、約30分間の舞台挨拶の後、本編が上映されました。


立ち見が出るほどの大盛況であった為、空席だった関係者席を一部開放した程。
4月からのロードショーも今回のような大盛況になることを願います。


(niftyニュース)
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/kyodo-2011021801000830/1.htm
 

子連れ狼 不滅の父と子編

 投稿者:ごーしー  投稿日:2011年 2月11日(金)16時57分43秒
  2月8日に発売されたDVD付き書籍「子連れ狼 不滅の父と子編」(宝島社)に、長坂氏の脚本作品である『子連れ狼』(第3シリーズ)第17話「香りを着て」が収録されております。
http://tkj.jp/book?cd=12621701

本書は、各シリーズから厳選された4話収録のDVD+書籍という構成で、全3部を3カ月連続リリース。
今月は、最終シリーズであり長坂氏も脚本を手掛けている第3シリーズが発売。
第17話以外の3作は、本書によると第1話と最終話、そして最終話と直結している第25話は構成上外せない為にセレクト。
その中で残りの1作に第17話が選ばれたのは喜ばしい限り。個人的には『子連れ狼』全シリーズの中でも最高傑作ではないかと思いますので、納得のセレクトと言いたいですね。

それにしても、全話のあらすじなどが掲載された書籍付きで(DVD付きが正解か?)980円とは驚愕です。
全26話収録のBOXは、定価が4万円強。1話当たり1500円強と考えると、1話当たり250円弱の今回の書籍はとんでもないことですね。
本屋で気軽に買えますし、未見の方々にも広く普及しないかなと思います。

ちなみに、長坂氏の作品ではない他の作品も傑作揃い。第3シリーズは第1話からとてつもない傑作で、初めから『子連れ狼』ワールドに引き込まれること間違い無しかと思います。
もちろん、第1、第2シリーズも傑作揃い。可能なら、第1シリーズから拝見されることをお勧めいたします。

……それにしても、なぜ今、『子連れ狼』?(笑?)
 

「大地の詩-留岡幸助物語-」2月より先行公開開始

 投稿者:ごーしー  投稿日:2011年 1月 8日(土)12時34分52秒
  「大地の詩-留岡幸助物語-」の公式サイトがいつの間にか情報が盛りだくさんになってますね。
http://www.gendaipro.com/tomeoka/index.html
先行有料試写会や先行公開等の情報、キャスト等もしっかりと掲載されてます。
全国的な公開はまだ分かりませんが、東京、北海道、岡山では来月より見ることができそうです。公開まであとわずか!


ちなみに、とりあえず言い訳を(汗)
結果的に長い間沈黙してしまいました管理人です。(管理できてないですが……)
「ロストクライム」公開やDVD発売、「警視庁継続捜査班」第2話放送等、イベント盛りだくさんだったのですが、引っ越し続きの生活に加え、このタイミングでパソコンが壊れたりとか、慌ただしさが尋常でなかったです。と、新年早々言い訳から始めるのが辛いです(涙)いろいろとご迷惑をお掛けした方々、すみませんでした。
 

継続捜査班

 投稿者:通りすがり  投稿日:2010年10月 1日(金)21時10分5秒
  第二話のみ担当したみたいですね(^^)  

あら?

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2010年 8月13日(金)21時48分19秒
  本日TV雑誌で確認したら、来週の継続捜査班、違う脚本家さんの名前に……。
先週のTV雑誌では確かに長坂先生の名前があったのですが、これは一体……?

ちなみに、継続捜査班は全8話で終わる予定だそうです。
長坂先生の執筆は1本だけなのか、2本なのか、それともギリギリ3本目が
来るのか。さっぱり先が読めませんね(笑
 

『警視庁継続捜査班』第2話

 投稿者:メリーさんの羊  投稿日:2010年 8月 5日(木)08時37分33秒
  自分は「東京,殺人ゲーム地図!」を連想しました。
犯行場所の推理のくだりは何度も再生してニヤニヤ。
土ワイ版野呂盆六3作目中盤の野呂の推理と同じで、多くの視聴者の思考のスピードを振り切るような畳み掛け方が気持ちいいです。
 

第5話も

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2010年 8月 4日(水)20時34分5秒
  『警視庁継続捜査班』の第5話も長坂脚本の模様です(「TVLIFE」より)。

第2話の感想は……『特捜』で言えば「午後10時13分の完全犯罪!」にテイストが似ていたかな?
 

レス、遅くなりました。すみません。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 7月28日(水)22時13分22秒
  >ズバット達也さん
TV雑誌拝見しましたが、確かにお名前が載ってますね。まさかこんなに早く登場するとは思いませんでした。
明日の放送、期待して待つことにします。情報、ありがとうございました。

ちなみに、同じくTV雑誌の情報によると第3話は第1話を手掛けられた吉本さんとのことです。


>蒲生邸さん
訃報のニュースが多いですね。
今度は松尾監督ですか。残念です。
私も長坂×松尾「特捜」と言えば「爆破0秒前のコンピューターゲーム!」が印象深いですね。
あとは、「摂氏1350度の殺人風景!」も捨てがたいかな。

ご冥福をお祈りいたします。
 

松尾昭典監督

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2010年 7月21日(水)21時49分36秒
  81歳で亡くなられたそうです。

なんと言っても「特捜」では長坂氏とのコンビでさまざまな作品を残され、
「特捜」終了後でも「犬神家の一族」で仕事を共にされています。
ちょうど「女医が挑んだ殺人ミステリー!」を見た直後なので複雑な気持ちというか。
「特捜」では唯一二谷英明を「英明!」と呼び捨てで呼んでいた監督であったそうな。

長坂×松尾「特捜」といえば私的には「爆破0秒前のコンピューターゲーム!」
ですかね。ご冥福をお祈りいたします。
 

TV雑誌によりますと

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2010年 7月21日(水)20時34分2秒
  まずは来週の“警視庁継続捜査班”、第2話で長坂先生登場ですね。ゲストは盆六さん。
さァ、どういった味わいの作品になりますか。
 

「ロストクライム 閃光」公開はじまる

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 7月 4日(日)13時50分3秒
  昨日よりついに「ロストクライム 閃光」が公開されました。
既に見られた方、これから見られる方、多々いるかと思います。
当たり前の事ですが一応フォローしておきますと、これから見に行くという方もたくさん(?)いると思いますので、ネタばれの書き込みは遠慮していただくようお願いいたします。
また、どうしてもネタばれにつながるような場合がありましたら、タイトルや本文の先頭等に【ネタバレ注意!】など、本編を見るまでその書き込みを見ないよう注意できる配慮をお願いいたします。

で、早速私も昨日見て参りましたが、先々月関東に引っ越してきたのを有効活用し(笑)角川シネマ新宿で開催された舞台挨拶も合わせて観賞。
映画本編の重い雰囲気とは正反対に、非常に和やかで笑いの絶えない舞台挨拶でした。
その模様は既にいくつかのニュースサイトで報じられておりますので、興味有る方はご覧になられてはいかがでしょうか?「ロストクライム」「舞台挨拶」といった検索キーワードで見付かると思います。
気が早すぎますが、DVDの特典映像で収録されることを期待!

それと、先日こちらにて書き込みました公式サイトの誤記の件。
パンフレットを確認しましたが、二カ所の誤記のうち、一カ所は訂正、一カ所はそのままという結果でした。
「70年降」というのは「70年以降」に直されていましたので、ちゃんと改めてチェックは入ったようです。
ただ、「浅草エノケン一座の嵐」が91年のままというのはやはり仕方がない結果ですかね。少々残念。

最後に、映画を見て(ネタばれにならない程度の)疑問点がひとつ。
パンフレットにも出演者として名前が掲載されている田辺まりさん(ちゃん?)。平成17年生まれの子役で、この子の事務所のサイトに「片桐めぐみ役」とあるのですが、片桐めぐみって誰?
片桐というくらいだから、主役である渡辺大さんが演じた片桐慎次郎の関係者? 年齢からいって、エピローグとかで娘が出てくるのか?と思っていたのですが、それらしき人物は登場せず。原作にも片桐めぐみという人物は登場していません。
まさか、片桐慎次郎以外にも片桐姓の人物がいたとか……。それとも、単純に最初は出演シーンがあったがカットされたのか。謎です。誰か真相分かる方いますか?
 

「大地の詩」、主演と公開時期判明

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 7月 3日(土)00時23分33秒
  本日、ニュースサイト等に掲載された記事によりますと、「大地の詩」の主演が村上弘明さんに決まったようです。
来年公開予定で、撮影は今年の9~10月だとか。
ついに、具体的な項目が決まってまいりました。ようやくカウントダウン開始というべきか。公開が楽しみです。
……といっても、公開はまだまだ先。その前に、ついに明日(もう、今日ですね)より、待望の「ロストクライム 閃光」が公開されます。まずはこちらを堪能しましょう。
それにしても、「ロストクライム 閃光」公開前日というこの時期に、上記のようなニュースが流れようとは。偶然というか何というか。

ちなみに、もう一つ偶然というか何というか。
ここの「大地の詩」のニュース記事(中日スポーツ) http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010070202000108.html
撮影者の名前がある人に似すぎていて笑ってしまいました。人の名前を見て笑うなんて失礼なことだとは思いますが、長坂さんの作品の記事でこの名前は出来すぎだろう……。
 

ご冥福をお祈りします。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 6月15日(火)02時52分44秒
  >kamesanさん

池田駿介さん……。
訃報のニュースを見ると、どの記事も大抵「キカイダー01」のイチロー役と「帰ってきたウルトラマン」の南隊員役が挙げられていますが、やはりこの二作は非常に印象的でした。

この二作は共に長坂作品という関係もあり、1999年夏に愛知県豊川市で開催された「長坂秀佳展」で池田さんのトークショーが行われたのですが、その時の想い出が懐かしいです。


心からご冥福をお祈りいたします。
 

訃報

 投稿者:kamesan  投稿日:2010年 6月13日(日)22時18分8秒
  池田駿介さんが6月11日にお亡くなりになりました。  

奥さま!タイヘンです

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 6月12日(土)16時08分56秒
  今月の2日に発売されたCD「One Man's Music -作曲家・渡辺岳夫の世界-[ドラマ編]」に「奥さま!タイヘンです」のテーマ曲が収録されています。
たぶん、初音源化じゃないでしょうか?
数ある渡辺作品の中からこの曲が選ばれたことに驚愕!
このままこの番組にスポットがあたって、CSとかで再放送とかにならないかしら?(笑)
 

(仮)消失

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 6月12日(土)16時06分37秒
  >ズバット達也さん
「警視庁継続捜査班」、どうも(仮)がとれたようですね。
この間の木曜日に放送された「警視庁継続捜査班」の前番組である「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」のラストに予告が放送されましたが、(仮)は無かったです。
おそらく、次回の「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」(最終話)のラストでも予告が流れると思いますので、要チェックですね。

ただ、いったい何本執筆するだろうか。「主水之助七番勝負 徳川風雲録外伝」の前例もありますし、結果的に0本だったら辛いものですが……。
とりあえず、ファンとしては期待して待ちたいですね。
まずは、その前に今晩放送の「野呂盆六」がありますし、もちろん来月公開の「ロストクライム」も楽しみであります。
「ロストクライム」も、試写会やトークイベント、公開初日の舞台挨拶とかの情報を耳にしますし、いろいろと盛り上がってきそうです。
是非ともヒットしてもらいたいものです。
 

懐かしい

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2010年 6月 3日(木)01時31分27秒
  7月からの連ドラ、警視庁継続捜査班(仮)。
製作は泉放送。懐かしい……華の嵐以来じゃないですか~。
長坂先生との関係、復活したのでしょうか? だと良いなァ(^_^;)
連ドラ自体も、透明少女エア以来なのかな? じゃあ、かれこれ12年振りぐらい?
どうしてまた、突然……別に悩む必要はないかも知れませんが(^_^;)
何本ぐらい執筆してくれますかね、長坂先生。月イチで、計3本ぐらいかな~。
 

情報感謝!

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 6月 2日(水)00時04分45秒
  >n.kさん、蒲生邸さん、kamesanさん
皆様、数々の情報をありがとうございます。早速HP上に反映させていただきました。
「金七」が終わったばかりだというのに、まだまだイベントラッシュですね。
インタビュー記事掲載、久々の連続ドラマ参加。
さらに「円盤戦争バンキッド」再放送まで。
「バンキッド」は、CSでは1999年にキッズステーションで放送されて以来の筈ですから10年以上ぶり。
それにしてもこのタイミングでの再放送開始って、奥田瑛二さん主演映画「ロストクライム」公開記念ということか?
公開月に放送開始ってのは出来すぎのような気がしますが……単なる偶然?

ちなみに、その「ロストクライム」のことで一点。
「ロストクライム」の公式サイトなんですが、昨日かその前の日頃にようやくキャストとスタッフのページがアップされたのですが、そこの長坂さんのプロフィール文のことで。

……プロフィール間違ってる!?

「浅草エノケン一座の嵐」が91年になってますが、89年の筈。
それと、「70年降フリーとなり」って「70年以降」じゃないのか?

これ、そのままパンフレットの文章にも使われているのではないか?とかなり心配なんですが。大丈夫だろうか(汗)
 

円盤戦争バンキッド

 投稿者:kamesan  投稿日:2010年 6月 1日(火)10時24分47秒
  ホームドラマチャンネルで7/19より放送開始  

警視庁継続捜査班(仮)

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2010年 6月 1日(火)08時55分26秒
  長坂氏久々の連続ドラマ参加です。
メインライターではないようですが、刑事ドラマの執筆。
プロデューサーは五十嵐さんです。

http://www.tv-asahi.co.jp/keizoku/

 

特撮ニュータイプ

 投稿者:n.k  投稿日:2010年 5月31日(月)20時47分17秒
  明日発売の「特撮ニュータイプ」に『ロストクライム』について長坂先生のインタビューが掲載されています。  

3ヶ月連続の快挙

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 5月22日(土)12時16分13秒
  >メリーさんの羊さん
「盆六」放送日情報、ありがとうございます。
ようやく放送日が決定、発表されましたね。
お蔵入りにならずにすんで一安心。放送が楽しみです。

これで、結果的に「金七」「盆六」「閃光」と刑事ドラマ3作品が3ヶ月連続の放送・公開となりました。実質は40日足らずの密集状態。
まるで、「特捜最前線」の長坂秀佳シリーズのよう。ファンとしては喜ばしい限りです。
 

野呂盆六

 投稿者:メリーさんの羊  投稿日:2010年 5月18日(火)17時48分49秒
  ごぶさたしております。

放送延期になっていた土ワイの野呂盆六ですが、どうやら6月12日放映予定のようですね。楽しみです。
http://kurobekyoukoku.blog25.fc2.com/blog-entry-158.html
http://www.kurobe-unazuki.jp/?p=4522
 

方言が野呂盆六状態に

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 5月16日(日)21時45分47秒
  「警視庁取調官落としの金七事件簿」放送まであと2週間ほど。
皆様からこの場にて情報を頂いていたのにも関わらずサイトへの反映が遅くなってしまいすみません(汗)
ようやく、先ほど反映させました。

言い訳になりますが……最近の忙しさというか慌ただしさが尋常ではなくて(涙)
今年に入ってから仕事の都合で引っ越しの繰り返し。
愛知から京都、京都から愛知(先の愛知とは別の場所)、そして先週、茨城に引っ越してきたところ。
今回の転勤も短期の可能性がある為、友人には「リアル野呂盆六」だと指摘されてしまう始末。こんなに引っ越しを続けたら方言がかちゃまぜになってスまいまシ(涙)
という訳で、一部の方々にはメールの返事等が遅れていたりします。すみません。
ようやく落ち着きを取り戻しつつありますので、もうしばらくお待ち下さい。
 

学校があぶない

 投稿者:NBメール  投稿日:2010年 5月11日(火)12時08分12秒
  『学校があぶない』DVD-Rで持ってはいるのですが、3倍から落としているので画質が・・・
高画質で録画したいのですが、もう再放送は望めないでしょうね。
これで我慢するしかないかな・・・
 

皆様、ご存知だとは思いますが…

 投稿者:n.k  投稿日:2010年 4月27日(火)18時44分57秒
  『警視庁取調官落としの金七事件簿』は5月29日放送らしいです。楽しみですね!
……盆六、マダー?
 

長坂秀佳×和泉聖治

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2010年 4月15日(木)09時02分48秒
  長坂氏の新作。しかも刑事ドラマ。監督は「相棒」の和泉聖治。これは楽しみ!
長坂さんも「相棒」書いてくれないかなぁ……。

ドラマスペシャル
『警視庁取調官落としの金七事件簿』

(  原   作  )  小野義雄
(『落としの金七事件簿』/産經新聞出版・刊)
(  脚   本  )  長坂秀佳
(  音   楽  )  吉川清之
(  監   督  )  和泉聖治
(チーフプロデューサー)  五十嵐文郎(テレビ朝日)
( プロデューサー )  藤本一彦(テレビ朝日)
             河瀬光(東映)
             和佐野健一(東映)

出演 柳葉敏郎、石黒賢、中村繁之、大杉漣、岸本加世子、平泉成、甲本雅裕、榎木孝明ほか

http://www.news24.jp/articles/2010/01/27/07152404.html

 

新作映画 その2

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 2月25日(木)00時29分31秒
  「ロストクライム」公開が待ち遠しい今日この頃。
なんと、この他にもう一作新作映画が制作されているようです。
タイトルは「大地の詩(仮題)」
公式サイトはこちら http://www.gendaipro.com/tomeoka/index.html

公式サイトを見る限りでは公開はまだまだ先のようですが、楽しみですね。
 

再放送情報

 投稿者:T.Yoshiki  投稿日:2010年 2月23日(火)22時48分51秒
  ●2月28日(日曜)、TOKYO MX・18:30~19:00
『ウルトラマンエース』第36話「この超獣10,000ホーン?」
騒音超獣サウンドギラー登場
脚本/長坂秀佳、監督/筧 正典、特殊技術/川北紘一
出演/高峰圭二、梅津昭典、宮野リエ、小沢直平、神 有介、佐伯美奈子、他
(1972年放映作品)

http://www.mxtv.co.jp/ultraman_a/

 

藤田まことさん、死去…

 投稿者:n.k  投稿日:2010年 2月19日(金)08時03分47秒
  夏さんといい、最近、昭和の名優の訃報続きです。
言葉になりません。ご冥福をお祈りいたします。

それにともない追悼番組を随時、放送とのこと。
27日、9時からは『京都殺人案内32』を放送するそうです。
『盆六』、飛んだよ……orz
 

再放送情報

 投稿者:T.Yoshiki  投稿日:2010年 2月 9日(火)08時31分12秒
  ●2月14日(日曜)、TOKYO MX・18:30~19:00
『ウルトラマンエース』第34話「海の虹に超獣が踊る」
虹超獣カイテイガガン登場
脚本/長坂秀佳、監督/志村 広、特殊技術/高野宏一
出演/高峰圭二、山田圭子(丘野かおり)、佐藤賢司、他
(1972年放映作品)

http://www.mxtv.co.jp/ultraman_a/

 

ご冥福をお祈りします。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 1月28日(木)14時01分3秒
  >蒲生邸さん
夏さんの訃報、本当に無念です。
『特捜最前線』では、数々の傑作がありました。
犯人役でゲスト出演された133話「六法全書を抱えた狼!」。叶刑事初登場の148話「警視庁番外刑事!」。その他、蒲生邸さんもあげられているように、数々の傑作が思い浮かびます。
また、『特捜最前線』以外の長坂作品では、1991年に放送された2時間ドラマ「黄金の犬」にも出演。
どれも思い出深いです。


謹んでご冥福をお祈りいたします。
 

遅レス(汗)

 投稿者:ごーしー  投稿日:2010年 1月28日(木)13時59分33秒
  >T.Yoshikiさん
『ウルトラマンエース』の再放送情報、ありがとうございます。
来月は34話「海の虹に超獣が踊る」と36話「この超獣10,000ホーン?」の放送も控えてますね。
ファンの方はこちらもぜひに。

>kamesanさん、n.kさん
『野呂盆六5』、放送ですか。『野呂盆六』の新シリーズは結構短いスパンで放送されますね。
ファンとしては喜ばしい限り。このペースなら今年も昨年に続いて年2回の放送か!と期待してしまいます。
 

夏夕介氏死去

 投稿者:蒲生邸  投稿日:2010年 1月27日(水)20時20分17秒
  無念です。

「特捜最前線」では「掌紋300202!」「東京・殺人ゲーム地図!」
など数多くの傑作が思い出されます。我が家には10年前に夏さんにいただいた
サイン色紙が有るのも良い想い出です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

http://www.news24.jp/articles/2010/01/27/07152404.html

 

野呂盆六!

 投稿者:n.k  投稿日:2010年 1月26日(火)19時49分34秒
  皆様、情報が早いですね!楽しみだ~
今度は富山が舞台なんですね。
テレ朝のHPにも出てたのではっときます。
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/
 

放送予定

 投稿者:kamesan  投稿日:2010年 1月23日(土)21時10分57秒
  2/27に土曜ワイド劇場で「野呂盆六5」が放送予定です。
「野呂盆六5~富山・宇奈月温泉復讐殺人!雪山遭難事故で難病の娘と父を奪った男を殺せ!!」(仮題)
 

再放送情報

 投稿者:T.Yoshiki  投稿日:2010年 1月 4日(月)09時13分22秒
  謹賀新年。
東京MX-TVでは昨年から、あの『サザエさん』の裏で『ウルトラマンエース』を再放送中!
年明け早々、長坂先生の脚本担当回が巡って参ります。
新春『サザエさん』スペシャルに負けずにガンバレ!(笑)

●1月10日(日曜)、TOKYO MX・18:30~19:00
『ウルトラマンエース』第29話「ウルトラ6番目の弟」
地底超獣ギタギタンガ、地底超人アングラモン登場
脚本/長坂秀佳、監督/山際永三、特殊技術/佐川和夫
出演/高峰圭二、西 恵子、梅津昭典、宮野リエ、相原巨典、他
(1972年放映作品)

http://www.mxtv.co.jp/ultraman_a/

 

「ふしぎ犬トントン」放送終了

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年12月25日(金)00時38分3秒
  先ほど、CSでの「ふしぎ犬トントン」の放送が最終回を迎えました(リピート放送が1回残っておりますが)
そのおかげで、今回、今まで未完成だったサブタイトルリストとゲスト出演者リストも全話分完成いたしました。ようやく念願の全話達成! 感激です。

ついでに、「あらすじ・解説」のページも同時にアップしました。ただし、【ネタバレ有り】ですので、ご注意をお願いいたします。

この「あらすじ・解説」ページですが、最近というかこの一年、他の作品も徐々にですがアップしています。
「作品別データ集」のページ等は、細かい追加や修正を繰り返してますので、特に更新履歴に記してなかったりするんですが(汗)
この一年、『円盤戦争バンキッド』や『スターウルフ』みたいな作品から、『外科病棟 女医の事件ファイル』や『快刀!夢一座七変化』まで、結構無差別に追加更新してます。
無差別というかただ気まぐれで順番を決めているだけですが、かなり前から公言している通り、(可能な限りの)全作品フォローを目指しております。がんばって、最後までやり遂げたいですね。結局、『アクマイザー3』は中断から完成まで9年も経過してしまいましたし。『バンキッド』に関しては、「円盤のウンチク」、「ブキミ星人を見破った時の決め手」、「ラストの教訓」の書き込みの依頼が掲示板にてあったのにも関わらず、依頼から数えて完成までに10年も経過してしまいました。すみません(大汗)大変お待たせいたしました。

といっても、あのあたりのページはそれほど閲覧している人もいないと思うわけで。まぁ、自己満足なページですね(笑)
 

ロストクライム -閃光-

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年12月13日(日)05時37分26秒
  続けてレスを。

>ズバット達也さん
>話は変わって、来年の初夏に長坂先生の映画が公開されるようです。
知りませんでした。これは凄い大作が控えてますね。
長坂さんの脚本作品は『ウルトラマンゼアス』以来、14年ぶりの劇場用作品か?(『弟切草』は原作の為、除く)
この映画のことをネットで調べてみましたが、この週末に情報解禁になったばかりのようですね。
来年の公開が楽しみです。

>謙さん関係? 3億円事件関係? 角川関係? 監督関係?
21世紀版「喜劇・三億円大作戦」になるのだろうか?(笑)この映画、結構好きなんですが。
 

豊川と言えばスルス宮口

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年12月13日(日)05時36分9秒
  >ズバット達也さん
>豊橋といえば……エノケンと早矢子が訪れた場所として印象深いですね。
そうですね。確かに印象深いですね、あれは。
豊橋、そして豊川の各地を回るわけですが、ちょっと時代が古すぎて風景がピンと来ません。
特に豊川稲荷とかは、地元の私はそれこそ何十回何百回と行ってるんですが(通学路の途中にあったし)、やはりピンと来ないですね(苦笑)
それでも、一度エノケンの舞台だった場所を写真でも撮って来ようかしら?(笑)
そこで、とりあえずですが、エノケンを始めとする、長坂さんの作品に登場する「豊川」周辺のネタをまとめてみました(笑)まぁ、いつもの悪い癖です。
http://www.tcp-ip.or.jp/~goshii/t05_kou/k03_toyo.htm
いつかはこれに写真でも付けてみたいものです。

>長坂先生、自分の故郷を色んな形で放り込むのが好きなのかな?(^-^)
上のページにも記載しましたが、昔のインタビュー記事によると「郷土愛ゼロ」「あくまで場面設定」と答えています。
同郷の私としてはちょっとショックなんですが………。
 

新作映画

 投稿者:ズバット達也  投稿日:2009年12月12日(土)11時19分48秒
  豊橋といえば……エノケンと早矢子が訪れた場所として印象深いですね。
長坂先生、自分の故郷を色んな形で放り込むのが好きなのかな?(^-^)

話は変わって、来年の初夏に長坂先生の映画が公開されるようです。
タイトルは“ロストクライム” 主演は渡辺大さん。
角川映画なんですが、何処の繋がりで長坂先生に依頼が来たのかなァ、と疑問を
持ちました。謙さん関係? 3億円事件関係? 角川関係? 監督関係?

案外、拍子抜けな理由かも知れませんが(^_^;)
 

「エア」と「ちくわ」と「豊橋」と「難波弘之」

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年12月10日(木)01時03分22秒
  なぜか(?)「透明少女エア」ネタで盛り上がっておりますが(笑)、DVD発売やCS放送祈願!ですね。

で、かなり強引なこじつけでネタをひとつ(苦笑)

先日、「透明少女エア」といえば、劇中にも登場する「豊橋のちくわ」ネタをふりましたが・・・・・・。
その愛知県の「豊橋市」のネタを。
豊橋市と言えば、「長坂秀佳術」発売時にサイン会が開催された場所でおなじみ(?)でありますが、ものすごいローカルな場所ですので他県の方々にはほとんど馴染みが無い場所かと。
その豊橋市にて今晩というか既に昨日(12/9)、難波弘之氏(センス・オブ・ワンダー)のライブが開催されました。難波弘之氏といえば、「街」の音楽を手掛けられた方。その筋では超メジャーなミュージシャンで、自分も、その昔「街」関係無しでライブとかに行ったものでしたが(「野獣王国」とか)。
そんな難波さん、よくぞこんな辺境の地(苦笑)に来られましたと思いましたが、やはり豊橋での開催は20年ぶりとのこと。さすがに頻繁には来られない辺境の地であります。
長坂さんにとってゆかりのあるこの場所での開催はうれしいものです。(ライブ会場は、長坂さんのサイン会があった場所より徒歩数分の場所)

ちなみに、もちろんでありますが、「街」の曲の演奏はありませんでした(笑)
いつか、どこかのライブで「街」の曲を演奏してもらえないだろうか・・・・・・。

なお、もっと強引なこじつけを言えば、難波弘之氏といえば、元ノヴェラのヴォーカル・五十嵐久勝氏と組んだユニット「Nuovo Immigrato」とか……。
もちろん、ノヴェラといえば「ぼくら野球探偵団」。影のリーダー・タロウであります。

はぁ、支離滅裂過ぎ(汗) すみません。
 

透明少女エア

 投稿者:透明人間友の会5月23日生まれ  投稿日:2009年12月 3日(木)22時42分49秒
  透明少女エアのCS放送当方も待ってます。
地方の為、当時の地上波では画像が少々乱れてました。
あの美しい世界観ファミリー劇場にリクエスト中ですが、票が足らないのか現状オンエアの見込みなし。
都合のつく方は「特捜最前線」でお世話になったファミリー劇場へリクエスト!
あなたの一票がモノをいう!かも?
 

透明少女エア、懐かしいですね

 投稿者:n.k  投稿日:2009年12月 3日(木)12時59分5秒
  ちなみに、このドラマ以来、仲間由紀恵さんが好きになれません(仲間さんが悪いわけではないですが・笑)。主演の子はまだ芸能活動されているのでしょうか?

『街2』の主演予定だったのですか…『街』も大好きなので、重ね重ね残念でなりません。
『428』も面白かったですが、『街』に比べると全然ヌルかったです。
隠しシナリオで、もしかして…と期待していたのですが(泣)。
やっぱザッピングシステムは長坂先生でないと。

僕もまた観たいです!!!!!
ソフト化が難しいようなら、せめてCS再放送してほしいものです!!
 

豊橋のちくわと小田原のちくわ

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年12月 3日(木)01時52分6秒
  >透明人間友の会5月23日生まれさん

>今一度、透明少女エアが観たい!DVD化や続編の製作は行なわれないのでしょうか?
知っている範囲の情報を。

>ゲームへの登場が噂されていたが幻になっている様子。
これは、その通りです。
「ファミ通」の1999年3月26日号に掲載されている長坂氏のインタビューにて、「『透明少女エア』は『街2』の主人公として”先出し”しました。」とあります。
この記事を読む限り、おそらく『街2』で本格的な活躍が見られる筈だったのではないでしょうか?案外、「なんであんな中途半端な結末だったんだろう」と感じたのも、その為なのかもしれません。(「セガサターンマガジン」1998年2月6日増刊号にも、『街2』の主人公の1人という記述有)
ちなみに、『街2』はいまだに発売されておりません。
『街』が発売されて10年以上。『街』の設定を匂わせながらも直接的な続編ではない『428~封鎖された渋谷で~』が昨年発売されたばかりですし、『街』続編はちょっと絶望に近いようです。
なお、『街』ではちょっとだけエアらしき人物が登場しています。主人公の前に「小さな風」とか「誰かが通り過ぎた」とかいった感じですれ違うだけですが。

>当時主題歌CD以外に何かグッズ出ましたか?告知ポスターなどあったのだろうか?
主題歌シングル「I'm here」くらいしか私も知りません。ポスターも見たことないですね。

>特番でいいから「透明少女エア」の続編が観たい!キャスト変更をしてもいいから透明少女エアにまた逢いたい!
『透明少女エア』もそうですが、『街2』で描かれる筈だった物語はぜひとも観たいですね。ゲーム、映像、シナリオ、小説、どんなカタチでもよいから見てみたいものです。
『街』で解明されてない謎が多いので、非常に気になります。特に、中島貴子・通称キーちゃんとか(笑)

>DVD化や続編の製作は行なわれないのでしょうか?
DVD化されないですね。ビデオ、LDにもなってませんし、再放送もほとんどない模様。まさに幻の作品と化しています。
出演してた仲間由紀恵さんって、TVとか映画とか紅白の司会とか結構露出多いから、その影響でDVD発売に影響を与えないかな?って期待してたんですが、ダメですか(苦笑)
 

透明少女エア

 投稿者:透明人間友の会5月23日生まれ  投稿日:2009年12月 1日(火)21時44分7秒
  今一度、透明少女エアが観たい!DVD化や続編の製作は行なわれないのでしょうか?なんであんな中途半端な結末だったんだろう?ゲームへの登場が噂されていたが幻になっている様子。当時主題歌CD以外に何かグッズ出ましたか?告知ポスターなどあったのだろうか?テレ朝さんあの後番組「テロメア」?には力を入れていた様子ですぐにソフト化などもあったのに、残念でなりません。特番でいいから「透明少女エア」の続編が観たい!キャスト変更をしてもいいから透明少女エアにまた逢いたい!写真集なども出るといいな。  

「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」にて長坂氏インタビュー掲載

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年11月18日(水)07時27分56秒
  今、コンビニのローソンにて「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」というDVDが発売されていますが、その解説書に、長坂さんのインタビューが掲載されております。
そして、一部の収録作品に関しては、長坂さんのコメントも掲載。税込1380円と(比較的)安価ですので、手にとってみてはいかがでしょうか?

「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」
ローソン・Loppiにて、11月より発売中 税込1380円

<通常収録作品>
1話「愛の十字架」(脚本:宗方寿郎)
351話「津上刑事の遺言!」

<ペイパービュー方式(パスワードを購入すると、視聴期限の間何度でも視聴できる(1作品105円で1週間、もしくは3話セット315円で2週間))>
114話「サラ金ジャック・射殺犯桜井刑事!」(長坂氏コメント有)
118話「子供の消えた十字路」(長坂氏コメント有)
133話「六法全書を抱えた狼!」(長坂氏コメント有)
277話「橘警部逃亡!」(長坂氏コメント有)
317話「掌紋300202!」(長坂氏コメント有)
333話「一円玉の詩!」(脚本:大川タケシ)

8作品中6作品が長坂さんの作品というのもうれしいところであります。


ちなみに、先月から「特捜最前線」のDVDがレンタル開始、ラインナップはDVD-BOXのVol.1~Vol.3のようです。(ボーナスディスクは無)

ということで、なぜか、今、「特捜最前線」が熱いようです。
「家庭教師のトライ」のCMも新作が作り続けられてますし、まさに追い風といったところでしょうか?
 

レス

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年10月30日(金)01時05分35秒
  >n.kさん、kamesanさん
情報、どうもありがとうございます。
共に、ホームページに情報を載せさせていただきました。

>刑事マガジン
野呂盆六が取り上げられるなんてものすごくレアなことだと思います。
こんなこと二度とないかも。ファンは必見!

>棟居刑事シリーズ
今回は「棟居刑事の黙示録」なんですね。
9年前に、同じ土曜ワイド劇場枠にて、佐藤浩市さん主演のバージョンが放送されている作品。
副題が、前回は「愛犬が暴く不倫三重奏」だったのに対し、今回は「愛犬が暴く不倫四重奏」。
ふ、増えてる!(笑?)
スケールアップということなのか?非常に気になるところです。
新旧、比較してみるのも面白そうですね。これまた必見です。
 

放送予定

 投稿者:kamesan  投稿日:2009年10月24日(土)17時16分18秒
  11/21 土曜ワイド劇場にて長坂脚本の棟居刑事シリーズが放送予定です。  

刑事マガジン

 投稿者:n.k  投稿日:2009年10月22日(木)14時21分42秒
  皆様ご存知とは思いますが、
現在発売中の『刑事マガジン』で野呂盆六関連で長坂先生のインタビューが掲載されています。先生、まだまだ現役ですね!
 

『特捜最前線』DVD-BOX ヤフオク詐欺の件

 投稿者:ごーしー(管理人)  投稿日:2009年10月21日(水)07時47分54秒
  相変わらず管理がおろそかな管理人ですみません。

「『特捜最前線』DVD-BOXヤフオク詐欺」の件、
 >ご協力をお願いいたします。
 >http://tokusousaizensen.blog101.fc2.com/
の通り、「samuraihiroshi3 対策本部」なるサイトを立ち上げられたとのこと。
サイトの有効活用により事件解決されることを期待いたします。

こちらの掲示板にて宣伝(?)というかリンクを張ってますが、管理人が言うのも何ですが、この掲示板はそんなに広く「特捜最前線」ファンの方々に見ていただけているとは思えない訳で・・・・・・(汗)。あまり、この掲示板での宣伝はお役に立てていないのではと思います。すみません(大汗)
お力になれず申し訳ありません。
 

(無題)

 投稿者:gyoromenotyouhi  投稿日:2009年10月21日(水)00時39分49秒
  >ご協力をお願いいたします。
>http://tokusousaizensen.blog101.fc2.com/

被害者の方々は、yahoo評価欄を見ていると思うので、どなたか代表して「samuraihiroshi3」の評価欄へ「samuraihiroshi3 対策本部」のリンクを張るなどしたらいかがでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:ブルース  投稿日:2009年10月12日(月)21時23分21秒
  >>たくさん
アドバイスありがとうございました。

ご協力をお願いいたします。
http://tokusousaizensen.blog101.fc2.com/
 

詐欺

 投稿者:たく  投稿日:2009年10月11日(日)04時30分51秒
編集済
  被害がどんどん増えてるみたいですね。
ヤフオクIDが停止されているから、評価欄を通じて被害者同士で連絡を取り合い
共同で被害届を出すとか、告訴するとかすればいかがでしょう?
こういうところで相談するのもよいかと思います。
http://www.houterasu.or.jp/
相手の住所に内容証明郵便を出す。宛先不明で返信された事を確認。
警察へ被害届。虚偽の住所を教えたということはだます意思があったと確認
できるかも。

このようなHPを立ち上げ情報を求めるというのもよいと思います。
http://stfinal.blog56.fc2.com/
 

RE:『特捜最前線』DVD-BOXでヤフオク詐欺?

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年10月 4日(日)16時31分11秒
  >『特捜最前線』DVD-BOXを大量出品していたsamuraihiroshi3(三重県在住の片山ひろし)が金を受け取ったまま連絡を絶ちました。
「特捜最前線」のファンとして、「特捜」というピンポイントなネタでこのような事件が起こったのは非常に残念です。

ちなみに、
>samuraihirosi3=以前に特捜最前線ファンクラブの会長をしていた人物ではないか?
確かに同姓同名ですね。その昔、ファンクラブの会長を務め、近年ではDVD-BOXの解説書に資料協力として名前まで掲載されている程で、その筋では結構有名なお方。
そんな方がこんな犯罪に手を染めるとは思いたくありませんので、容疑者がこの方の名前を騙っているだけだと思いたいです。
ともあれ、早急な真相解明と事件解決を望みます。
 

RE:『特捜最前線』DVD-BOXでヤフオク詐欺?

 投稿者:イワオ  投稿日:2009年10月 2日(金)20時14分15秒
  samuraihirosi3=以前に特捜最前線ファンクラブの会長をしていた人物ではないか?  

『特捜最前線』DVD-BOXでヤフオク詐欺?

 投稿者:レッドザク  投稿日:2009年 9月28日(月)01時44分14秒
  『特捜最前線』DVD-BOXを大量出品していたsamuraihiroshi3(三重県在住の片山ひろし)が金を受け取ったまま連絡を絶ちました。
なにがあったのかはわかりませんが、実にガッカリな事件です。

http://rating6.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=samuraihiroshi3

 

訃報

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年 8月17日(月)00時52分58秒
  今月、1992年公開の長坂氏脚本の映画「勝利者たち」にゆかりある方が立て続けにお亡くなりになりました。
監督の松林宗恵さん、そして、国友景子役の大原麗子さん。
共に、この作品になくてはならない方々。
「勝利者たち」は非常に好きな作品なのですが、残念です。
同じく出演されていた丹波哲郎さんが亡くなられた時、追悼の意をこめて作品を見返したものですが、今回も久しぶりに見返してみようか・・・・・・。

そういえばこの作品、2005年にDVDが発売されているのですが、未だにレンタルで見かけたことがありません。私が探しているのが田舎のせいなのか? 都会(?)ではレンタルにおかれているのでしょうか?

ちなみに、松林監督は長坂作品では「少年探偵団」(1975年~1976年放送)も撮られておりますね。こちらも見返してみたいものです。

ご冥福をお祈りします。
 

レスが大変遅くなりましてすみません。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年 8月17日(月)00時42分20秒
  >明智 潔さん、n.kさん
「女かけこみ寺刑事」と「野呂盆六」。新たなライフワークということで、これからも新作が作られるよう期待しております。
あとはこれに加え、「棟居刑事」シリーズ、「十津川警部」シリーズの2シリーズも新作に期待です。
気がつけば現在進行形(おそらく)のシリーズものが4シリーズもあるんですよね。
楽しみであります。

>次回まで家庭教師のトライのCMを観て、待ちます(笑)!
なぜ「特捜最前線」なんでしょうかねぇ、あれ(笑)
こちらも新作に期待!なのか・・・・・・。これを見て「特捜最前線」に興味を抱くような方がおられれば、ファンとしては喜ばしい限りですね。
 

長坂秀佳ウィークリー

 投稿者:n.k  投稿日:2009年 7月27日(月)11時37分52秒
  >管理人様
お元気ですか?お久しぶりです。
色々お声をかけていただいたにもかかわらず、
何もできずじまいで、すみません(汗)。

『大石水穂2』、『野呂盆六』素晴らしかったですね。

大石水穂は、長坂先生のテーマである「親子の絆」を前面に打ち出されていて泣けました。
野呂盆六のラストに明かされた、せつない真実も良かったです。

特に『野呂盆六』は長坂先生の新たなライフワークですよね。
この調子で何作も続いて欲しい!願わくば、TVシリーズで!
前回の「忘却せよ!」(「喜ぶこ」の解釈・笑)の謎解きは忘れられません。
長坂トリックは、こじつけこそ真骨頂だと思います(ほめ言葉ですよ・汗)!
次は、そろそろバクダンネタを観てみたいものです。
3すくみ刑事たちも楽しみ。

次回まで家庭教師のトライのCMを観て、待ちます(笑)!
 

長坂2作品

 投稿者:明智 潔  投稿日:2009年 7月25日(土)13時46分8秒
  女かけこみ寺刑事Ⅱも野呂盆六も最高でした!
特に野呂盆六は長坂先生の作品の中では、特捜の次に好きです。
それにしても、ほんとに一週間のうちに2作品が放送されるなんて、ファンにはたまりません。
僕は脚本家を目指しているので、ファンというより恐れ多いことですが、師匠と呼ばせていただいています。
 

「女かけこみ寺刑事2」、「野呂盆六4」に続き、今夜から「ふしぎ犬トントン」放送。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年 7月23日(木)22時51分58秒
  「女かけこみ寺刑事2」、そして「野呂盆六4」と、1週間以内に長坂さんの新作が2本放送という夢のようなイベント(?)もとうとう終わってしまいました。
しかし、ファンにとってのイベントはさらに続きます。

今夜からCS・ホームドラマチャンネルにて「ふしぎ犬トントン」(1978年~1979年放送・全23本中長坂作品7作品(おそらく))が放送。(毎週木曜深夜0:00~、毎週土曜午前4:00~)
自分の知る限りではほとんど再放送にも恵まれてなかった作品ですので、まだ見ていない方、または30年前に見ただけという方も多いのではないでしょうか?
ホームドラマチャンネルが視聴できる方はこの機会にご覧になられてはいかがでしょうか?

ちなみに、長坂さん執筆作品の初回放送は、来月放送予定の第5話「初恋よ、こんにちわ」になります。

http://www.tcp-ip.or.jp/~goshii/nagasaka.html

 

「野呂盆六4」今夜放送。

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年 7月18日(土)16時19分34秒
  「大石水穂2」が放送されたばかりだと言うのに、もう「野呂盆六」シリーズの最新作が今夜放送に。
連続すぎて時間の確保が大変。ファンとしてはうれしい悲鳴であります。

公式サイトにあらすじとかキャストとか掲載されておりますが、それを見て気になる点がひとつ。
長坂作品のファンとしてはやはり「草太」という少年の登場には気になってしまいます。
『特捜最前線』136話「誘拐1・貯水槽の恐怖!」、137話「誘拐II・果てしなき追跡!」で誘拐される少年・朝倉草太。
『都会の森』で物語の鍵を握る少年・中原草太。
共に非常に重要な役であり、また、共に大傑作に仕上っている作品。
今晩の作品も、そんなつながりで大傑作でありますように(笑)

長坂作品共通の名前といえば、「女かけこみ寺刑事 大石水穂2」で、陽口茜の娘・ゆかりが名乗っていた「六条アリサ」という名前は、長坂氏執筆の小説「彼岸花」シリーズに登場する主人公の名前(「彼岸花」では「六条有沙」)。
案外、ゆかりは好きな小説「彼岸花」から名前を拝借した・・・・・・なんて裏設定があるのかもしれない。そんなことを考えると楽しいものです。
野呂盆六も、長坂氏の乱歩賞受賞作『浅草エノケン一座の嵐』に同姓同名の刑事が登場しており、その関係が気になりますし。
1993年に放送されたTBS版シリーズ第1作『刑事 野呂盆六 完全犯罪の女』にて、脚本段階では存在したが最終的にカットされた台詞で「お爺ちゃんが刑事でした。野呂盆六。同じ名前です。」というくだりがありますが、完成された作品としては未だ日の目を見ず。いつか、正式な設定として日の目を見ることはあるのだろうか・・・・・・。

http://www.tcp-ip.or.jp/~goshii/nagasaka.html

 

女かけこみ寺刑事 大石水穂2

 投稿者:ごーしー  投稿日:2009年 7月18日(土)16時18分29秒
  「大石水穂2」、やっと先ほど見終わりました。いろいろと訳ありまして本放送時には見れなかったものですから・・・・・・。
今の時代、録画して観る方も結構多いのでは?本当は早く観たいのですが、なかなかスケジュールとかの事情もありますし。
今晩の「野呂盆六」も、ちょうど外出の時間と重なってるし(涙)

で、まさかのシリーズ化となった「女かけこみ寺刑事 大石水穂」ですが、前回も面白かったものですが、今回も個人的には傑作でしたね。
伏線好き(笑)の私には、張り巡らされた伏線に感服であります。バラバラだと思われていたひとつひとつのピースが、ラスト間際でかちっとはまっていく様はまさに「長坂ドラマ」。長坂さんのドラマの醍醐味ではないでしょうか。

ちなみに、今回の作品の個人的ポイントのひとつ。
刑事役で出演している安藤一人氏は、長坂作品では「小さなスーパーマンガンバロン」「透明ドリちゃん」でおなじみの役者さん。当時は子役であった安藤氏。長坂ドラマに出演するのは実に30年ぶりとなるであろうか。個人的には一大事・・・・・・。
今度はぜひとも主役級の活躍を見てみたいものです。

久々の長坂ドラマ出演といえば、辻輝猛氏も懐かしいですね。
1990年に放送された「燃えよ剣」ではテロップで(新人)とついていたものですが、もうあれから20年近く経つのですねぇ。しみじみ。

http://www.tcp-ip.or.jp/~goshii/nagasaka.html

 

レンタル掲示板
/3