teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


なんとなく

 投稿者:引退者  投稿日:2017年12月 4日(月)22時55分16秒 softbank126059091129.bbtec.net
返信・引用
  先日、実業団の方達と一緒に練習したのでそこで思ったことを少々。
基本的に、オンデッキの風だとリーチの形はメインを正中にしてセッティングがしっかりしてればある程度の形はしっかりと出ます。だから、帆走の差はワンブローの加速、角度で少しづつ他と差をつけていく感じなんですが、まあほとんど差は付き辛いです。オンデッキだと誰でもそれなりに走れますしね。
ただ、インデッキになると、そうもいってられないです。それは一つに風が弱すぎてメインが正中に保てないから。メインのリーチの形をそれなりに分かってないと、どこまで引けるのかそのベストな位置が多分全然分からないだろうと思います。まずはその適正な位置ですが、僕は目安はトップリーチリボンにしてます。トップのリーチリボンが流れているならある程度メインに風は流れています。あとはスピードが乗っていれば少し引くこともできますし、微妙ならその辺でトリムします。
で多分ですが、ほとんどのスキッパーたちはどのリーチの形が良いかはある程度分かっているんじゃないでしょうか(分かってなかったら、自主練とかでメイン何回も見といて下さい、とりあえずのポイントはトップリーチリボンの上下です。そこが開いているか、閉じているか分かればいいと思います)。
でも、微風で差がつく、何故かおいてかれる。それは風の変化に対応が出来ていないからというのがもう一つの理由です。
一言で言ってしまえば、常に100%のリーチの形で走れているか、ということです。
多分これが出来ている人は少ないどころかいません。ある時間では良いリーチで走れていても、少しの風の変化に気づかないでそのまま放置する。それでリーチが100%じゃなくなりスピードが遅くなり結果として角度が取れない。
琵琶湖だと、微風になったら確実に触れているから、たとえ上手く走れていても少しの触れで帆走が崩れるから認識しづらいですが、海とかのあんまり触れない微風だと差が良くでます。
なので、強風だけじゃなくて走れるくらいの微風を後ろから見るのも練習の一つで、その人がどれだけリーチを保っていられるかを確認するのもいいんじゃないでしょうか。
強風とかは、どれだけ船を安定させて、メインが引けているかの勝負になってくるのでまた勝手が違うけど、風の変化に敏感になる意味では微風に近いものもあります。

過去のBBSちょこちょこ見てるけど、シャコさんの書いてることはヨット全般に対して書いていてレベルが非常に高い。読んでない人は読んでみて。
 
 

(無題)

 投稿者:うかわ  投稿日:2017年11月27日(月)18時23分54秒 pw126205067121.3.panda-world.ne.jp
返信・引用
  遅くなりました。まずレースに関してですが、スタート後に上の船にだいぶ負けててヤバいなと思いつつ、ブローもあってとりあえず右の船に寄せようと思い早めにタック。思った通り下触れきたので、ある程度行って2回目のタック。そのまま走って3回目にタックした後にメチャクチャ左に触れて相当な船を抜いたって感じでした。レイで沈してしまって本当に申し訳なかった。
秋以降二回生ペアで乗ってますが、楽しくできています。動作などはこれからもっと詰めて行くとして、課題はまず先輩にも書いてもらった通り強風の時に他の船に比べてメイン出てしまい過ぎなので、もっとハイク頑張りつつセッティングの知識を身につけていきたいです。レグに関しても2回生どうしの分手探りな部分が多いので(特に下り)もっと勉強したいです。スタートに関してもきれいに出れる確率を高めていきたい。まだまだライン読めてないと感じました。
オフになりますが自主練で艇速アップと動作固めして、エースに追いつけ追い越せで頑張ります!
 

医歯薬

 投稿者:奥川  投稿日:2017年11月26日(日)23時13分3秒 p505100-ipngn200605kyoto.kyoto.ocn.ne.jp
返信・引用
  投稿が遅くなってしまってすみません。
今回は爆風予報だったためなるべくタック少なめのポートレイで行きたかったです。けれど結局マークが全然把握できていなかったために下手に奥に突っ込むことができず無駄なタックもあったと思います。マークが小さかったのもあるかもしれませんが、日頃からマークの位置を確認するのが甘かったのかと思います。スキッパーに申し訳ないです。
ほかに何人か言ってましたが、今回のレースでヨットをする上での安全面への配慮に対して考えさせられました。2下回ってちょっとしてからラダーが外れましたが、そういうトラブルがあると本当にハーバーに帰ることすら難しくなるので、救護艇が助けてくれたのはありがたかったです。ただ私たちを助けてる間は他の艇を助けにくくなるわけで、もし自分がその立場ならばできるだけ周りから離れないようにしなければいけなかったなと思います。危険だと判断したらすぐに帰ることも大事だと思いますが、誰にも気付かれずにトラブルになることが1番恐いことだと思うので、できる限りはみんな協力して、お互いに気を配りながら帰る方が安全なんじゃないかなと思います。
これからオフに入りますが、自主練誘ってください。お疲れさまです。
 

(無題)

 投稿者:井上  投稿日:2017年11月24日(金)23時15分28秒 pknn015-028.kcn.ne.jp
返信・引用
  スタート~1上前半:上有利きつめのスタートで上ピンから3艇目くらいでスタートできた。スタート前は西から強いブローが入ってくるように見えたからスタート後さっさとタックしようと思ってたけど、スタートがうまく決まって下の艇のカバーの位置につけていたということで、かなりしばらくスタボで左に伸ばした。

1上後半~上マーク:左に伸ばした理由としては、レースが始まると思ってたよりも前から、帯状のブローが断続的に下りてきてて、振れもたしかデジコンの指す値の10の位が変わらない範囲内で振動してる感じだったから。あと最初から右に伸ばし続けてる艇が数艇いて、その艇との走り角も遠いながらもチラチラチェックした。右海面で特に大きな下振れも起きてなさそうであることを確認した上で左に伸ばした。そのまま帯状ブローが下りてきた所で帯を長く味わえるようにタックしてマークに近づいた。

レグはだいたいこんな感じで引きました。またアドバイスなどあれば教えてください。

かなりの強風で個人的にはレース後も他の艇が帰り始めてるときとかに思いっきり走ってその中で得られた感覚とかあったのでとても楽しかった時もありました。でも、風が強すぎて危険になるときを見極める目も養わないといけないなあと思いました。(特に午後)

さすがにあんなに極端に吹いたりすることはないだろうし、いい強風とかで冬に自主練も積んでいきたいです。
 

(無題)

 投稿者:たく  投稿日:2017年11月24日(金)17時11分52秒 softbank219062104004.bbtec.net
返信・引用
  まずは、センター琵琶湖に落としてしまってすいませんでした。強風で出るとき、藻にかかってあげて下ろすときは特に命綱が大丈夫かを見て出艇、搬送復帰に努めます。本当にすいませんでした。


レースに関して
上有利なのはわかってたけど、以前から自分の力量にあってない混んだところからのスタートは失敗しがちやとわかってたのでちょっと上目の空いた下からでました。上空いてたのでツータックしてできるだけ詰めましたが…綺麗にでれたからひとまず今回の判断は間違ってないんやと思いました。

その後のレグはひたすらに触れタックで前いけました。運要素大きくて何とも言えん感あるけど笑。今は艇速では勝てないので、レースでは自分らの船にできることをやって順位をまとめれるようにしていきたいと思います。

走り
スタート直後はもう少し周り気にせず走らされるようにしなだめですね。途中から風上がってきた時は、ティラーきってでも上りすぎんよう意識してたらそこそこ走れたので(止まって下流れするよりかはましかなって考えです)後はティラーを切らんでいいようなヒール、メイントリムを心がけるっていう課題も見つかりました。いつも上りすぎて流れてるので。後は下フレ来た時の感度も自分の中で上がってきてる気がしました。実りがあってよかったです。

風上がった時とかは自分の船を綺麗に走らせようとするのと事故らんよう周り見るので今は精一杯やから、一回生のクルーワークの細かいところとかはエースクルーとか鵜川に少し気にかけて欲しいです。
 

秋医歯薬

 投稿者:ともあき  投稿日:2017年11月24日(金)11時02分21秒 kpumcli.kpu-m.ac.jp
返信・引用
  医歯薬お疲れさまでした。
どんなこと書いたらいいのか全然分からなかったので、2回生の人たちが去年書いてたBBSを遡ってみたんですが、それで気づいたんは、自分がまだまだ全然なんもできてへんってことです。去年は、この医歯薬でクルーが普通にレグ引いてたみたいやし、そもそも投稿されてる内容のレベルが高かったです。ゴール目前のところでノーレースなってもうたけど、そこまでは一応レースしてたわけで、自分の課題はたくさん見えました。そもそも動作が下手やし(特にジャイブ)、ブローの報告とか全然でけへんし、レグも引けへん、周りもあんまし見えてへん、等々。だから、前のミーティングでも話になったように、周りから動作とかがイケてるんかどうなんかってのをどんどん教えてもらいたいです。それを練習中とかに言ってもらえると嬉しいです。もっと上手ならへんと、練習とかで足引っ張ってまうしそんなん嫌やから、頑張ります。
 

強風

 投稿者:さとう  投稿日:2017年11月23日(木)18時57分6秒 KD182251250035.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  琵琶湖はめったに吹かへんからこそ、こないだみたいな爆風が吹いた時には1秒でも長く練習しなあかんけど、爆風になると結局いつも何かしらのトラブルで練習がまともに回ってない気がするなー。日曜、風やばすぎやろみたいな感じやったけど、あれくらいの風までは余裕持って動作できるくらいにはなりたい。

うちのヨット部は、上手くなるって段階の前に、整備、リスクマネージメントとかが甘いんちゃうかな。
日曜、スナイプは合計メイン2枚、ジブ2枚も破れたけど出る前にちゃんと予防でリペアする&湖上では半シバーを徹底したらセールってそんな簡単には破れへんはずやで。
あと、帰る時は何艇か一緒に帰ろうや。最後俺らが帰ってる時1人でどんどん離れて行く船おったけど、沈しても誰にも気づいてもらえへんで。今回は問題なかったから漂流とかも笑い話になってていいけど、なんか起こってからじゃ遅いしそういうとこはきっちりしよ。マネさんも、寒い中サポートしてもらってる立場やから色々口出すんは申し訳ないんやけど、爆風の日とかはもうちょい急ぐとか、周りに声かけるとか、危機感持ってほしいかな。大袈裟かもしれんけどヨットは死ぬ可能性もあるスポーツやし、楽しくやるためにもそういうとこはちゃんとしよ。BBS見てくれてるかはわからんけど、よろしくお願いします。


・これからの練習について。
こういう部の練習の現状を踏まえて現実的に考えると、爆風の日こそとうちゃんを救助に追われさすんじゃなくてがっつり動画とってほしいし、オフ明けてから吹いた日は、思い切って艇数減らして乗せ替えつつ練習した方がいいんちゃうかなって思う。強風は乗らな上手くならへんし、そら全員が出艇するんが一番なんやろけど、結局いつも誰かがトラブって、走れる船も、とうちゃんが救助に追われてる間はあんまりとうちゃんから離れられへんからまともに練習できてへんのが現状やと思う。艇数減らすと乗れへん人出てくるけど、たまにはとうちゃん乗って後ろから見てみることで得るものも多いやろし、まぁその辺をオフ中にまたミーティングしてみんなで話し合お。

あと、スタ練について。個人的にはスタートは、もうさすがに2列目スタートとかにはならん自信あるから、オフ明けからは引き出しを増やしていきたい。西医体で優勝争いに絡めると仮定すると、ここをつぶさなあかんとかいう状況もうまれてくると思うから、いつもみたいに、ホテルでのミーティングで、「この大学と競ってるけど、つぶす練習とかしてへんし普通にいつも通り走るしかなくない?」とかいう話にならんようにちゃんと練習しときたい。しばもんとは話してたけど、この船をつぶすってお互い決めての回航練とかもしたいな。

改めて、もうオフに入るってなって、西医体までのカウントダウンが始まって、来年の西医体で自分がレース出て4年間過ごしてきたヨット部を引退するんやって思うと絶対に優勝して終わりたいし、4年間ヨットやってきたのに今のままふわっといつの間にか夏を迎えて負けたらほんまに後悔すると思う。

今年のオフは例年よりバイトも減らすし、ヨットに時間かけるから、クルーのみんなも、マネさんも、寒くて嫌やろけど、俺らのためやと思って自主練付き合ってほしいです。お願いします。

あと数年前のBBSとか読んでたらOBさんも練習について色々書き込んでくれてはるし、5回生、6回生、OBの先生方も、もしなんかアドバイスとかあったら遠慮なく書いて頂きたいです。

同志社ウィーク20位以内を目指してこの冬は自主練頑張ります。とりあえずラスト一回の練習楽しみましょう。
 

秋医歯薬2017

 投稿者:らん  投稿日:2017年11月21日(火)22時20分51秒 softbank126021110138.bbtec.net
返信・引用
  医歯薬お疲れ様です。
レースに関して、内容というより準備。強風セッティングとして、ディフレクションを変えたり、ピンダウンをして値を出した後、それをメモって。っていう当たり前のことをまだまださぼってる。船の古さとかに甘えず突き詰めてはじめてレースの意味がでてくるのにな、と感じた。反省。
整備項目もやりきらんまま結局なあなあで乗るんもやめねば。
レース中の出来事に関しては、正直よくわからん。スタボロングすぎてレグどうこうのはなしなんか?という感じ。
ただマークミスとか、それによってオーバーレイしまくったこととか、運営に対する不信感もあるけど、実際その中で早い人はやっぱり早いわけで。準備がしっかりしてたら、あと少し早くしゅっていしてたら、ていう後悔。
リーチング、ランニングでの艇速はすごくよくて、めちゃくちゃ前に追い付いたけど、普段の練習からするに、もっと落とせる場面はたくさんあったと思う。落とすけど船を揺らさずパンプして綺麗に走る西医体前の感覚をはやく当たり前にしたい。
オフ明けから練習時間自体も減ってるし、470へ転向したスキッパー、毎回これへんスキッパーがいるなかで、いままでのクルーとしての仕事だけを突き詰める時間は俺だけじゃなく、他の470クルーにとってもきっと、ほんっっとに少なくて、モチベを維持できてない部分があったけど、結局そんなん言っても来年出ることになるわけやし、テスト終わったらあと少し頑張りたいです。1回生にも、自分だけじゃなくて俺らのためにも、はやく上達して欲しい、期待してます。

あとは話変わるけど、日曜日の予報は爆風サバイバルコンディション。
午後のマークが完成した頃には予報通りの風が吹き始めてた。
練習量が足りてなくて、他大学のひともきてくれてて、っていうのはすごくわかるけど、もう少し早く帰る判断できたのでは。
ヤバイときは各自帰れっていうけど、トラブル起きた船や、そもそも爆風に対処する能力もしくは体力がないから帰るんであって、それに救助艇がついたり他の船が見ている状況を作ることは必要やから、結局チームとしての判断を確実にしていくのが求められてると思う。毎回寒い中沈して思うことやけど、完沈を前にしても成す術なしのとうちゃんの救護能力が高いとはいえへんわけやし。死にたくない!笑
 

医歯薬

 投稿者:キャプテン  投稿日:2017年11月21日(火)18時28分21秒 p61191-ipngn200501kyoto.kyoto.ocn.ne.jp
返信・引用
  医歯薬振り返り

今回の医歯薬ではレースを完走する難しさと、完走できない自分の力量のなさを痛感しました。3回も沈してクルーには寒い思いをさせてしまって申し訳ない。メインシートの外皮がもげたとか色々あったにせよ、まずは自分のハンドリングが圧倒的に不足してるのは間違いない。特にブローが入ってきた時や振れたときなど風が変化して状況が変わった時の対応が遅いし、その時の対応の仕方も雑。スタートが苦手なのはこれも原因の1つだと思う。
スタートに関してはアウターマークがいつも使ってるのと同じマークだとは思ってなかったのもあってラインもわからない、当然有利サイドもわからないし事前にコースも確認できてない上に気づいたらP旗が上がってるという状況でした。マークが小さくて見にくかったとかあるけど、そもそもとしてレースに臨む上でのルーティーンが確立されてないのが問題やった。普段の回航練からレースのルーティーンを意識して見につける必要があると感じた。これが今回1番の反省点かなと思う。実際上マークも大きくオーバーしたし、下マークも周りにつられて間違えた。コースを回って順位を競うスポーツでそもそもコースやスタートラインが把握できてないのは論外やし、クルーと一緒にその辺に対する意識は上げていきたい。
上りは午前のあの程度の、メインがガンネルアウトしないくらいのオーバーではだいたいの船にはそこまで走り負けてる感じはしなかった。ただやっぱりエース学年の船のいくつかとは圧倒的に安定感、角度の差があった。セッティングもあると思うけど、やはりメントリとリーチコントロールの質と量、それから周囲の風を見てる時間が断然足りてないし未熟なのでこれからそこは詰めていかないといけないと思う。あとコントロールロープいじる時にまだふらふらするのでほとんど見なくても引けるように練習から意識的に取り組む必要があると感じた。
下りは船を安定させながらブローと他艇をしっかり見るってことがまだまだ同時にできてない。実際3回沈したうち2回はサ下レグの時だったし、もっと帆走から周りの状況を常に収集しつつ走る習慣をつける必要がある。西風みたいに強弱も振れも激しい時に、リーチングとランニングを切り替えながら次のマークに対してVMCで走る練習も2年後琵琶湖で西医体がある以上必要やと感じた。帆走で目標を決めてリーチングを走る時間も増やした方がいいと思った。
今回得た反省点を大きくまとめると
①レースへの入り方
しっかりとルーティーンを確立して必要な情報を漏れなく回収する習慣をつける
②周囲を確認する量、質の向上
上りではテルテールを見る時間を減らして、周りの風をしっかり見る。下りは周囲を確認してレグを考えながらでも安定して走れるように。
っていう感じかなと思う。他にもメントリの技術とか、セールやティラーから伝わってくるパワー感に対する感覚とかあげたらきりないけど、とりあえずこのレースでの反省って内容に絞ったらこれがメインかなと思う。

あと塩見さんもスタートに関して書いてくれてたと思うけど、ヨットレースが所定のコースを相手より早く回るっていう相対的な順位を競うスポーツである以上、スタート、上り、下りとどんな場面でもコースと他艇に対する意識は非常に重要だと思う。自分も、自分のクルーもそうだし、他の人でもまだまだこの意識が足りてない人が多いんちゃうかなって気もする。逆にこういう意識が充分ある人はレースになると要所外さないから常にいい順位に入ることが出来てるんだと思う。特に1回生は最初、周り見ろって言われて大変やと思うけど、この意識があったら自然と他艇とマークとブロー(近くにあるのも遠くにあるのも)を見て探すようになると思うから、このことをしっかり意識するようにしたらいいんじゃないかなと思う。むしろめちゃくちゃ周り気になるようになると思う。

来週土曜日がオフ前最後の練習やけど、和医大はあと1ヶ月練習やるらしいし、同回生が他にいないこと考えると来年夏までにどれだけ上手くなれるかが勝負やと思うから、みんな冬も自主練一緒に行きましょう!
 

医歯薬

 投稿者:1  投稿日:2017年11月21日(火)08時49分0秒 sp49-98-47-77.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  スタ練や回航もあまりやってこなかったなかでの初めてのレースで、あまり何もわからずに出て迷惑をかけて申し訳ないと思う。
とりあえず感じたことは、強風では普段できていない動作がさらにできなくなるということで、今後ちゃんと練習しようと思う。いつも言われてる、ヒールトリム、他艇、ブローを見ることもどれかをしようとすると他ができなくなる的な感じで、意識できるようにならないとと思った。
学んだこととしては、強風リーチングで急に風が入ってきて倒れそうな時にスピンを放すといいと後から言われた。また、トラピーズで出ている時にジブの張り切りをできるようにならないといけないと改めて思った。
 

レンタル掲示板
/40