teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:99/236 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

心も体も浄化され、スッキリ元気になりました!有難うございます。

 投稿者:toyomi220メール  投稿日:2010年 3月 6日(土)01時49分49秒
  通報
  いつも私は、娘の心臓病のことや、怪我、そして夫のことなどで、リーデイングをして頂くことが多く、毎回良いアドバイスを頂き、助けて頂いています。
今回は、私の父母との関係を聞きました。25年前に亡くなっている父のことです。私が覚えている限り、5歳のころから私の父は、酔うと、ストレスをぶつけるかのように、いつも母に対して暴言を吐くのは毎日、
暴力をふるうこともよくありました。あるとき、父がひとしきり暴れて、眠ってしまった後、部屋は滅茶苦茶、
母はあざだらけ、鼻血も出して、服もボロボロで、2つ下の妹を抱きながら、鏡にその姿を映して、じっと見
入っていました。母はあのとき何を思っていたのでしょうか。その光景がいまだに浮かびます。その後、
母は妹だけを連れて、しばらくいなくなってしまい、幼稚園生だった私はおいていかれたことに寂しく悲しかった記憶があります。また母から、私がおなかにいたときも、父に包丁か何か持ち出され、追いかけられ、母は必死に遠くまで走って逃げて、追いかけてきた父があきらめて帰るまで、物陰で隠れていたこともあるそうです。そんなことが長く続きました。でも父は、飲んでいないと、家族に優しく、とても家族思いの面がたくさんあり、いつも頭をなでてくれていて、優しかった思い出もたくさんあります。母も、そんな父を全く恨むことなく、なくなった今でも「お父さんのお陰で守られている」とよく私と妹に言います。

ただ、私が性格的にオドオドしてしまうことがあるのは、そこから来ているのではないかと、雅代さんが気に
かけてくださり、今回ビルさんに聞きました。やはり、そこからも原因がきていたのがわかりました。私は言いたいことがあっても言えなかったり、人の目を気にしてしまうことがあります。私は父が母にしていたことを見て、「人を傷つけるのが嫌だ」と思っているそうでうす。ビルさんのアドバイスは、人を傷つけていうのではなく、相手に気づかせながらいう方法を身につければいいとのことでした。
それにはデイールカーネギーの「人を動かす」の本を読んだりしていくといいそうです。また時には役者になっていろいろな役を演じながらやるのもいいそうです。そうして身に着けていけば、多くの人が私に協力してくれるようになるので、今、そのタイミングにきているので、学ぶようにとのことです。

私はオドオドしてしまうことの一つに、人の顔色を伺っていることがあり、良いことならいくらでも相手に伝えたり励ましてあげる事ができるし、そのことに喜びを感じますが、相手に建設的な批判をしなくてはならないときは、顔色をみていえません。また、人に協力を仰ぐのも下手です。そういったことから、自信をなくしていたのかもしれません。

過去世で、戦う武将の時があり、非常に支配的で、自分のいうことを全部聞かせるような傲慢さがあったそうです。今世では、人の面倒をみることになり、しかも、相手を傷つけないで、協力してもらうことを学ばなければならないそうです。

父は、学びが多いようで、もう生まれ変わって、身内にいます。母の今世での役割は、父を教育する為にわざと犠牲者となってでてきたそうで、暴力に対して暴力をふるわないことを周りが真似するように
出てきたそうで、非常に古い魂だそうです。
小さいときからの父母との関係や過去世からも、現在抱えている問題解決のヒントや糸口を、ビルさんに教えて頂き、気持ちが楽になりました。また気にかけてくださっている雅代さんや、通訳のみどりさんにも、心の内を出し、涙を出すことで体も軽くなりました。
毎回思いますが、ビルさんのリーデイングを受けると、心と体が浄化され、物事がスッキリしてきて、生きるのが楽になり、やるべきことに力を入れていきやすくなります。ビルさん、雅代さん、みどりさん、素晴らしいリーデイングの機会を有難うございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:99/236 《前のページ | 次のページ》
/236